風しんとは?

風しんはウイルスによる感染症で、熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状を起こします。
大人が感染すると、子供よりも症状が重くなることがあります。
特に妊娠初期(20週以前)の妊婦さんに感染すると、お腹の赤ちゃんに、白内障、難聴、心臓の病気などを特徴とする「先天性風しん症候群」という病気を起こすことがあります。

風しんに感染するのを防ぐには?

風しんの感染予防には、予防接種が有効です。
妊娠中には風しんの予防接種を受けることが出来ないため、これから妊娠を予定している方は、妊娠前に風しんに対する十分な免疫を備えることが必要です。

また妊娠を希望する方と同居する方、周囲で生活される方も同様に、予防接種を受けることが勧められます。

風しん抗体検査と予防接種を受けましょう

葛飾区では、風しんの抗体検査および予防接種の費用を全額助成する制度があります。
これは風しんの流行を抑えるため、また「先天性風しん症候群」からお子様を守るために行われています。
ご希望の方は下記詳細をご覧ください。
また区の公式ホームページも併せてご参照下さい。

 

風しん抗体検査について
風しん予防接種について
風しん抗体検査及び予防接種費用に関して(葛飾区公式サイト)

PAGE TOP